2011年12月29日木曜日

bound for KYOTO.

帰省。
しょっちゅう帰っているので、
あまり"帰るぞー!"という意気込みはないのだけれど。
やはり、母や父からそわそわしたメールがきたり、

旧友から連絡がくると嬉しいものだなぁ。
新幹線に持ち込んだかばんには
出しそびれた年賀状が入ってたりして。

その他、飲み過ぎ・食べ過ぎ防止のための

オトナの免罪符(セサミン・カロリミット)が入ってたりする。
持ち物がずいぶんとオトナ否おっさんになったじゃないか。
小学生みたいな中身のくせに。

ただ新幹線のホームまで来て、
「あ、コンタクト忘れた。」
と肝心なものを忘れた事を思い出すあたり、

おっちょこちょいは変わらないようだ。
きっとこんな所はこれからもずっと変わらないんだろう。
そして、待っていてくれる人たちもそれを望んでいるんだろう。
大丈夫。変わらないから。


...........


来年も変わらず、
大好きな人たちがたくさん笑えるように。
大好きな人たちとたくさん笑えるように。

そうただ願うだけ。
今年もありがとう。
来年も、どうぞよろしく。

2011年12月27日火曜日

up X% year over year



最近の夜の眠りのお供。


The Album leaf "Streamside"


こんな感じで年が暮れていくといいのだけれど。




さてと。今日で社会人1000日目らしい。


仕事量も増えた。周りに素敵な人がさらに増えた。


私は前年比何%プラスだろうか。


Dame alguna pista por favor.

2011年12月22日木曜日

わたしの中では冬はこんな色の季節だ。

最近、色が感じられていないように思う。

もっと目を見開いて、
空気を吸い込まないと。

大人になってからは、季節がすぐに過ぎ去ってしまうから。

2011年12月19日月曜日

今日はなんだか心動かされることが多い。

親愛なる同期の、最終的に下した決断に

がんばってほしいと思う気持ちと

それを包み込む彼の気持ちの間で

なぜか私が揺れる。

好きな絵本にこんなシーンがある。

......................................

「ぼく、おつきさまにとどくくらい きみがすき」
とチビウサギ。

「それは、とおくだ」

「それは、とても、とても、とおくだ。」
とデカウサギ。

デカウサギはチビウサギこの葉のベッドに寝かせると
おやすみなさいのキスをして、

「ぼくは、きみのこと、おつきさままでいって・・・
かえってくるくらい、すきだよ」

......................................

すきの気持ちの大きさは

一緒になることはない。

それ自体を比べることに

意味はない。

だけど伝えること・伝え続けることには意味がある。

あなたたちはそれができる2人だと思う。

決断に幸あれ。