2013年11月22日金曜日


いつの間にか、とっても傲慢でへりくつばかりこねて
何もやらない面白くない人間になっていた。

年齢的に年をとることは怖くはないけれど、
凝り固まり自分の立場を守る、ということばかりに執心する
年寄りに私もなろうとしていた。

もっと柔く、生きたいものだな。


2013年11月17日日曜日

無題


祖母が帰りがけにわたしの手をさすりながら、

「おじいちゃんはなぁ、春ちゃんがいてくれたおかげでほんまに幸せやったんや、ありがとうなぁ」と何度も何度も言う。

わたしはおじいちゃんとおばあちゃんの孫でよかったといつも思うよ。

いつまでも、という願いは叶うことはないから、
たくさん言葉で伝えようと思う。